ボール盤の定義と主な用途

ボール盤とは?

ボール盤(ばん)(ぼーるばん、英語:drill press、drilling machine)とは、回転する刃(は)が付いた先端(せんたん)工具(こうぐ)で金属、木材、プラスチックなどの素材の表面に対し、削(けず)る、切る、穴を開けるなどの作業を行う工作(こうさく)機械(きかい)のことです。ボール盤(ばん)は、初心者からプロまで幅広い分野に使用されています。

切削工具とは?

切削(せっさく)工具とは、ボール盤の回転する先端(せんたん)の工具(こうぐ)(ドリルビット)のことです。切削(せっさく)工具を使って穴を開けたり、素材の表面を削(けず)ったりすることができます。

素材の種類

ボール盤(ばん)は金属、木材、プラスチックなど、さまざまな素材を加工できます。それぞれの素材に合わせて適切な切削(せっさく)工具や設定が必要です。当社では、銅、アルミ、鉄、絶縁材料(右写真)など、様々な材料の加工ができ、各々の素材や穴の大きさに応じた加工に豊富な経験と実績があります。